薄毛=笑いのネタ?!
薄毛や育毛についての豆知識や思ったことをいろいろつぶやくサイトです。
ホームボタン
薄毛=笑いのネタ?!

薄毛は笑いのネタではない?! 

薄毛になって人によってはメリットとしてもデメリットとしても考えられがちなのが、笑いのネタになることです。

デメリットと考えている方の場合は、「笑われることでプライドが傷つく。」と考えているようですね。

人によって考え方はそれぞれなので、仕方がないですよね。

でも、薄毛になって笑われることでプライドが傷付くくらいなら、それなりの育毛対策をしなければいけないですよね。

「笑われるのは嫌。でも、夜更かしはしたいし、脂っこい食べ物や甘い食べ物など好きな食べ物は止められないからひたすら食べる。ヘアケアも面倒なことは出来ない。」

こんなわがままな方もいますよね。

さすがに、笑われるのが嫌で、ここまで自由気ままなことは矛盾している感じがしますよね。

一方、プライドを気にせず笑いのネタにしてしまう方は、「薄毛になったらなったで仕方がない。」と薄毛になったことを素直に受け止める方が多いですよね。

こういう人は薄毛になったからと言って、あまり悩まない傾向にあります。
ただ、悩まないは悩まないで薄毛になった時に諦めモードであまり真剣に対策しなくなってしまうのは良くないと思われがちですが、本人さえ良ければ問題ないでしょう。

すごい芸人さん!

薄毛を笑いのネタにしている方の中には、お笑い芸人が多いですよね。

たとえば、吉本新喜劇の島田一の介さんは、「もうしわ毛ありません。」とか「口がすべって。」とか「すいません、ぬけぬけと。」などと薄毛で笑いを取っていますよね。

薄毛になったことで、笑いも彼の役割も増えたようですね。

それに温水洋一さんは俳優でありながら、独特のキャラクターでバラエティにも出演していますよね。
薄毛をネタにしていることも多く、ご本人も「20代の時にもっと髪の毛のケアをしておけば良かった。」なんて言うようなコメントをしていることがありました。

薄毛になったことで今まで以上に愛されキャラになった2人を見ていると、薄毛も決して悪いものではないのではないでしょうか。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 薄毛・育毛大百科典 All Rights Reserved.